「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

MFU会員の角倉正信さんより、ロサンゼルスの街並を撮影した写真が
届きました。写真が趣味だとのことで、撮影した写真の展示を茨木市立障害
学習センター「きらめき」で今月末まで行われています。
機会がございましたら、ぜひ足をお運び下さい。
a0098893_16201938.jpg

[PR]
by mfu-osaka | 2007-08-28 16:29
MFUの常任理事、長谷川功氏がセミナーに講師として出演します。
受講無料ですので、ぜひご参加ください。


≪開催概要≫
●テーマ
エモーショナルなマーケティングが必須な時代
~いまのビジネスモデルで、あなたの会社は大丈夫ですか!?~
●日時
2007年8月22日(水)13:30~15:30(受付開始13:00~)
●場所
富士通ソリューションセミナールーム A・B
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー33F

≪申し込み方法≫
株式会社ディー・ティー・ピー、営業部までTELし、登録するだけでOKです。
電話番号:03-3510-1510
[PR]
by mfu-osaka | 2007-08-21 11:58
8月2日、大手町にあるKDDIホールにおいて「2008春夏ミラノ・パリメンズコレクション速報」が行われ、MFUはこれに協賛いたしました。
(財)ファッション振興財団が主催するこのセミナーは、ミラノ・パリで発表された17メゾンのコレクションを迫力のランウェイ映像とともにトレンドを解説。
メンズビジネスに携わる方々には必見のセミナーとなっており、MFUメンバーも大勢参加いただきました。

a0098893_15243746.jpg



ここで、2008春夏注目のキーワードをご紹介しましょう。

Keyword 01
Feminine Layered -重ねれば重ねるほど軽くなる、禅問答的スタイル-
来春夏最大のキーワードともいえるスタイル。タンクトップにシャツにコート。シャツにニットにブルゾン、同じシャツの3枚重ねとパーツは様々だが、すべてがスタイリングに重点を置いている。服を着れば着るほど軽やかに見える、という矛盾すら成立した。軽やかな素材で描くスタイリングゆえ、雰囲気は総じて柔和。全体をワントーンで仕上げるか、それにヴィヴィッドカラーをプラスして、重たさを回避する。注目アイテムは、ロング丈のアウターウェアや、着丈の異なるインナー。

Keyword 02
Subtle Future -凝った背景で男心をくすぐる未来的エッセンス-
レイヤードが「軽さ」を描く合わせ技ならば、こちらはそれの単独プレイ。メタリック的なアイテムでライトな雰囲気を表現、または強化。シルバー中心だが、玉虫色も見受けられる。

Keyword 03
One-color Softy -単一色は、自信溢れる男の証-
今シーズンの隠れたダークホース、オール イン ワンに代表されるワン カラー コーディネート。メジャーカラーの「黒」を選ばず、軽さをメインに、パステルカラーやライトグレーなどを多用する。黒を選ぶ場合も、シアーなアイテムをプラスするなどして、“夜王”的なイメージの排除を試みる。一色だけを使うと、のっぺりとした印象を与えがちだが、そこは素材感の違いでカバー。ボディーラインをひた隠すリラックスシルエットを用いることで、色が引き出すやわらかさを強調したい。

Keyword 04
New Balance -なで肩を強調する逆説的プロポーション-
サイズオーバーなアウターウェアーに細身のパンツを合わせる。上半身の肉体美を強調するのではなく、なで肩だからこそ描くことの出来る、緩やかなカーブが特徴。オーバーサイズの上着にはスキニーかテーパード、ショートパンツを合わせてアンバランスさを強調。ストールや帽子などの小物をプラスして、上半身に更なるボリュームを与えるのも一手。上半身だけでなく、体全体で逆三角形を描く。
[PR]
by mfu-osaka | 2007-08-03 15:48 | 協会案内