<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今月からパリ在住のコーディネーター佐藤美奈子さんよりコラムが届くこととなりました。
佐藤さんは2000年5月に渡仏、現在は日本のアパレルメーカーとフランスメーカーとのコーディネート、通訳などをされています。パリの日常やファッションについてなど素敵な話題をお伝えいただきます。ぜひ、お楽しみ下さい。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

今時のパリはvin chaud(hot wine)が合います。しみじみと癒されます。
マレのカフェで暖まりながらペンを走らせています。
最近雨模様が多く・・冬定番曇り空です。今年になって青空を見た記憶はかすかにしかありません。

そんなパリから月1度こちらの様子をお伝えすることになりました。
皆様よろしくお願い致します。
a0098893_13254136.jpg
さて、こちら第1回目2010F/Wファッションウィーク(1/22-1週間)が終わったところです。その様子をまず簡単にご報告します。今回はメンズ・レディースそしてメゾン・エ・オブジェ全てのサロン( 展示会 )が同時開催でした。
2010年秋冬コレクションの傾向:
メンズは人気カラーがグレイそして紺・ブルーにさし色でやさしい色目を提案。
テクニックとしてスタッズ仕様が目立ちます。(春夏コレクションで既にGivenchyはT-シャツにポイントとして仕様)全体のシルエットはすっきりシンプル。
レディースはなんといってもマリンが充実。ボーダーのカットソー、バック・帽子・アクセなども無地とボーダーのコンビは評判が良かったとのこと。その他レースも目に付いた素材のひとつ。毛皮使いの上物、帽子・ブーツなどはメンズ・レディース共に引き続き来年秋冬も売れそうです。

そして街中のパリは春夏コレクションがかなり揃ってきました。現物問屋街の打ち出しはアーミー一色です。
2月9日までセールが続きますが今回フランス全土のセール売り上げはプロパーが売れなかった反動か今までにない良い結果だそうです。

ここ数年ダウンのおしゃれな人が増えましたがやはりパリジャン・パリジェンヌはウール素材のロングコートを好みます。それにマフラーをぐるぐる巻く、これが真冬の定番スタイルです。手袋と帽子は3度以下にはかかせないアイテムです。少し暖かくなって来ましたがもうしばらくコートは手放せないようです。  
                                    <佐藤美奈子>

a0098893_13304141.jpg


写真:(上)凱旋門の上から撮ったシャンゼリゼ通り、(下)最終セールのウィンドウ
[PR]