<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

6月20日の父の日を記念して、「ベスト・ファーザーブック2010」を発行しました。
メインには本年度のベスト・ファーザー賞受賞者全員のインタビューを掲載、また、さまざまな角度から見る父と子の姿の特集も組んでいます。

購入ご希望の方は、
FDCホームページ「ベストファーザーブック購入ホーム」からご購入できます。
コチラ↓
http://www.fdc.gr.jp/form/fd_book.html
a0098893_1035474.jpg
a0098893_10351980.jpg

[PR]
by mfu-osaka | 2010-06-25 10:36 | 協会案内
6月下旬に開催されるパリ・ミラノメンズコレクションリポートは、(財)ファッション振興財団が主催し、MFUはこれに協力致しております。

主要デザイナーのコレクションを中心に、迫力のDVD映像と鮮明なスライドを豊富に使って、来春夏のメンズファッションを解説いたします。
メンズビジネスに携わる方々には必見のセミナーです。

開催日   2010年8月4日(水)14:00~16:00
会 場   KDDIホール
      東京都千代田区大手町1-8-1(KDDI大手町ビル2F)
受講料   1名10,000円
講 師   田中英樹(東京生活研究所 松屋メンズ担当 ファッションコーディネイター)
      村上 要(WWDジャパン メンズファッションディレクター)
司会・進行 山室一幸(WWDジャパン編集長)

詳しくは、ファッション振興財団HP
http://www.ffj.or.jp/seminar/seminar10a-1.htm
をご覧ください。
[PR]
a0098893_1514895.jpg
a0098893_15143052.jpg
1915/テーブルシェルフ/2009年photograph by ISOLATION UNIT/

今月最後の土曜日に開催されるイベントarchiforumに柳原さんが講師として参加されます。
archiforumは毎回著名な建築家の方々が講師として自身の建築論を語る、関西ではとても貴重な講演会です。
今回、“建築だけではないこと、その考察”というテーマでトークショーを開催。また、ゲストコメンテーターとして建築史家の倉方俊輔さんがお越しになります。
建築に携わる方は勿論、建築関係でない方々にも楽しんで頂ける内容ですので、ぜひ皆様お誘い合わせの上お越し下さい。

●開催概要
13th archiforum in OSAKA 2010-2011
第3回 : 建築だけではないこと、その考察 / 柳原照弘
http://www.archiforum.jp/
日時 : 6月26日(土) 17:00-19:00 開場16:30
講師:柳原照弘 (プロダクト・空間デザイナー)
ゲストコメンテーター:倉方俊輔 (建築史家・西日本工業大学准教授)
会場:TOTOテクニカルセンター大阪
   大阪市中央区久太郎町3-6-8 御堂筋ダイワビル2F
   ( 地下鉄本町駅9番・12番出口より徒歩4分)
   *駐車場は、ご利用できません。
定員:80名(当日先着順)
参加費:一般1000円 学生500円
お問合せ:柳々堂書店 tel.06-6443-0167
[PR]
パリ在住のコーディネーター佐藤美奈子さんからパリで話題のファッションや日常などについてのコラムが届きました。是非ご覧下さい。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

暑い日の後はどしゃぶり雨など、6月に入ったとたん「これって梅雨?」
と思わせる夏らしくない天候が続いています。さて、今月はフランス文化の1つともいえるアンティークについてふれてみましょう。
a0098893_1741287.jpg


昔のものを愛しみ大切に活用するアンティーク好きのフランス人です。
パリには有名なクリニャンクールをはじめ毎週末常設のヴァンブー、モントロイユなど蚤の市があります。
その他にもBrocante(ブロカント )と呼ばれるアンティーク市が週末ともなればどこかしこで開かれています。

個人的には、並べられているものにも意外性があってこちらのほうが好きです。先週末もマレ地区の家の近くで年2回恒例の区主催のブロカントが開催されました。

にわかアンティークショップが1km以上に渡って道の両側に続きます。ここでは、自宅の押入れの奥のほうに埋もれて使わなくなった物などを集めて売っているのです。一人暮らしの老人が亡くなった後、引き取り手のない物などを、そっくりそのまま売ったりすることもあると聞きました。確かにどこの誰かも分からない家族のセピア色の写真なんてものまであります。何処にも行くあてのない物が誰か別の人の手に渡り、また新たに生活に活かされるのはすてきなことだと思います。値段もピンキリでよく見ると掘り出し物があったりして、散歩がてら沢山のアンティーク好きで賑わっていました。

そして忘れてはならないのがフランスのもう1つの文化 ― 疲れたらカフェで休憩。
小さなコーヒーカップを片手に雑踏を眺める人、熱くおしゃべりに講じる人などさまざまです。

a0098893_1725410.jpg

[PR]
a0098893_10243744.jpg
a0098893_1025129.jpg
平成22年6月8日(火)17:00~19:30発表授賞式をグランドプリンスホテル高輪(B1階)プリンスルームにて「第29回ベスト・ファーザー発表・授賞式」を開催致しました。

第29回ベスト・ファーザー賞受賞者6名は個性豊かな顔ぶれでした。
 ・政治部門      原口一博(総務大臣 衆議院議員)
            渡辺喜美(みんなの党代表 衆議院議員)
 ・経済部門      似鳥昭雄(㈱ニトリ 代表取締役社長)
 ・学術・文化部門   榊原英資(青山学院大学教授)
 ・芸能部門      佐藤隆太(俳優)
 ・スポーツ部門    野口健(アルピニスト)
 
第1部では第21回お父さんの似顔絵・作文コンクール授賞式で文部科学大臣賞の発表を行いました。似顔絵部門は徳島県西内桜さん(小1)、作文部門は岡部達美さん(高1)が選ばれました。チャリティとしてあしなが育英会に目録授与も行いました。今年は経済産業省製造産業局繊維課長兼ファッション政策室長の富吉賢一氏にご挨拶頂きました。日本ネクタイ組合連合会から「ベストネクタイスト」の発表もあり、原口一博氏、渡辺喜美氏が選ばれました。今年の授賞式は内閣の組閣の日と重なり、原口大臣がご出席されるかどうか、ギリギリまでわからず、原口大臣が登壇し受賞コメントを頂いた時はスタッフ一同、胸をなでおろしました。渡辺喜美氏はもちろんのこと、各受賞者の皆様のコメントに熱がこもっていたのが印象的でした。今年は「ウイスキーにまつわる親子の話」作文コンテストを開催し、サントリー酒類㈱から副賞としてご提供頂きました。また、昨年同様タキイ種苗㈱よりご提供頂いたひまわり2000本が会場内を彩り、明るく華やかな雰囲気に包まれました。授賞式は多くの来場者に恵まれ、大盛況でした。ご協賛、ご協力頂きました関係各社の皆様にも心より御礼申し上げます。 
[PR]